クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

クレジットカードの付帯サービス

現在、クレジットカードがこれほどまでに普及したのには、もちろん、支払いが簡便であるということはもちろんですが、背景には、年会費無料クレジットカードの充実という理由があります。

年会費無料クレジットカードがこれほど普及した現在では、次はいったい何を基準にしてクレジットカードを選んだらいいのでしょうか?

まず考えられる選択のポイントは、付帯サービスとポイントサービスです。

主な付帯サービスには次のものがあります。
●国内・海外の傷害保険
●ショッピング保険
●クレジットカード会員のためのサービスや割り引きサービス
●ドライバーのためのサービス

旅行によく行く人、とくに海外旅行を趣味とする人、仕事で頻繁に出かけるひとなどは、国内・海外への旅行保険が付帯されているといいですよね。一方、あるデパートでよく買い物をする、またはあるホテルによく宿泊する、という人なら、そのデパートでの買い物は5パーセント引きになる、ホテルの宿泊代がお得になる、というサービスが付帯されているものがお得です。ショッピング保険というのは、そのクレジットカードで購入した品物が破損したり盗難に遭ったりした場合に、保障してくれるというものです。また、ドライバーのための付帯サービスは、車をよく運転する人にお勧めです。ガソリン代が値引きになるというものもあります。

年会費無料とゴールドカード

あまりにもたくさんのクレジットカードがありすぎて、選択に困ってしまう! ということがありますよね。どうせ、年会費無料クレジットカードだから、いくつも持っていればいいのでは? とも思うのですが、盗難に遭った場合や紛失した場合に、不正に現金を引き出されてしまうなど、トラブルもありますから、やはり必要なものを厳選して付帯したいものです。
ではちなみに、同じ会社のクレジットカードで、年会費無料クレジットカードと、そうではない・・・つまり年会費がかかるカード・・・では、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

あくまでひとつの例として、三菱東京UFJ銀行のICクレジットカードを比較してみたいと思います。ただし、これはあくまでひとつの例です。ご自身でそれぞれ候補をあげて比較して見られることを是非、お願いします。

「三菱東京UFJ-VISA」と「三菱東京UFJ-VISA ゴールド」の比較・・・主に相違点のみを挙げてみたいと思います。

●「三菱東京UFJ-VISA」は、年会費無料クレジットカードです。
・年会費は本人会員は無料、家族会員も無料です。
・クレジットカード利用可能枠(入会時):
 →ショッピング枠・・・10万円〜100万円
 →内キャッシング枠・・・0〜50万円
●「三菱東京UFJ-VISA ゴールド」は、年会費が本人は10,500円。クレジットカードのショッピング利用金額が年間で150万円以上ですと、翌年も無料となります。家族会員は、1名は無料。2名からは1名につき1,575円がかかります。
・クレジットカード利用可能枠(入会時):
 →ショッピング枠・・・50万円〜300万円
 →内キャッシング枠・・・0〜100万円
     

ショッピングと旅行

数ある年会費無料クレジットカードですが、目的別でふたつ、人気のクレジットカードをあげてみたいと思います。

●Yahoo! JAPANカード
特徴:
・年会費は無料。
・ショッピングで利用した分の1パーセントがYahoo!ポイントとして還元されます。ショッピング保険がついています。
・VISA、Master Card 加盟店で利用可能。カードの利用代金に応じたポイントがつきます(カードショッピング100円につき、Yahoo!ポイント1ポイント獲得可能)。
・Yahoo!プレミアム会員、Yahoo!BB会員の場合は、Yahoo!JAPANカードで支払ったYahoo!ウォレットの利用料金100円につき、通常ポイントに加えてもう1ポントが上乗せされます。
・通常のショッピングに加え、Yahoo!ショッピング、Yahoo!共同購入での購入の場合は、別途、商品価格(つまり、税抜き価格)につき1パーセントのポイントがつきます。

@このカードは、ショッピングを主な利用目的とする人に向いたカード、特にYahoo!プレミアム、またはYahoo!BB会員にとって、お得なカードです。

Yahoo!JAPAN カードがショッピングに向いているとしたら、シティクリアカードは、旅行好きな人に向いているかもしれません。

●シティクリアカード
特徴:
・年会費は無料です。
・このカードは、無料で最高1000万円の国内旅行、海外旅行保険がついていることが特徴です。
・最短1日で発行可能です。
・年間10000ポイント(ショッピングで10万円相当)以上をためると、1ポント0.4円換算でキャッシュバックされます。

入会得点

年会費無料クレジットカードのなかには、入会費、年会費が永久的に無料であるという得点のほかに、入会すると逆に得点が得られるものがあります。たとえば、NTTファイナンス株式会社が発行している「NTTグループカード」の場合、キャンペーンと称して、次の得点をもうけています:

NTT入会キャンペーンとして、VISAギフトカードを最大2000円分プレゼントするというものです。ただし条件は、

1.入会月を含めて3ヶ月以内にVISAマークのある加盟店で合計3万円以上のショッピング利用をした場合、「VISAギフトカード」を1000円分プレゼントする。
2.キャンペーン期間中に携帯電話、PHSの利用料金をNTTグループカードで支払うと、さらに「VISAギフトカード1000円分」をプレゼントする。
3.専用申込書によって資料を請求し、それから1ヶ月以内に申し込んだ人全員に、「クオカード500円分」をプレゼントする。

というものです。その他にも抽選でプレゼントが用意されています。
キャンペーンは、2007年7月1日〜2008年3月31日までです。

今、すでに大きな買い物(NTTグループカードなら、3万円以上)をする予定のある人は、このような得点を見逃さないでカードを作るとキャンペーン得点を十分に利用できるといえるかもしれませんね。

ただし、NTTグループカードの場合もそうですが、応募をする必要がありますし、その応募にも期限があるのでよく注意して忘れないことが必要です。

その他、楽天カードなどでは、入会得点としてポイントをもれなく2000ポイントプレゼントする、という得点をもうけています。ネットショッピングをするという人には、お得な得点かもしれません。

ネットショッピングで安心の保険

年会費無料クレジットカードは確かに魅力的ですが、不正利用をされて多額の損失をこうむっては何にもなりません。不正利用などの保険きちんとついているクレジットカードを選びたいものです。では、どのような保険が付帯されているのでしょう?年会費無料クレジットカードのなかで幾つか、ショッピング保険やカード盗難保険について考えてみたいと思います。

●楽天カード

楽天カードは、入会費・年会費無料のクレジットカードです。ネットショッピングをよく利用する人にお勧めの保険が充実しているのが魅力です。
たとえば、
1.「カード利用お知らせメール」・・・利用明細書が手元に届く前に楽天カードの利用をいちはやく確認することができるよう、確認メールが送られてきます。万一の不正利用に備えて、早期発見につながる安心なサービスといえるでしょう。これは業界初で特許を出願中、という、楽天カードの売り込み文句のひとつになっています。
2.「商品未着安心制度」
楽天市場におけるクレジットカード利用で、商品がもし届かないなどのトラブルが発生したときに安心のサービスです。そのような場合には所定の調査によって請求を取り消してくれるというものです。
3.「ネット不正安心制度」
ネットでの不正に対する安心制度を自動付帯しています。
4.カード盗難保険
カードが不正利用された場合に、その損害額を補償するというもの。クレジットカードを紛失、盗難に遭った場合には、即座に警察に届出をし、カード会社に連絡をすることが必要です。

旅行保険

近年、クレジットカードが非常に普及してきたひとつの理由として、旅行、特に海外旅行に行く人が増えたことがあるかもしれません。普段の買物にはクレジットカードを使用しない、という人も、海外でのお買物にはクレジットカードを用いる、という人、または、何か思わぬ支出があるかもしれないのでお守り代わりに持っていくという人もいます。また、旅行、特に、海外旅行の場合は、金額がかなりの高額になりますので、それをクレジットカードで支払えば、相当なポイントを期待できるという利点もあります。それに、クレジットカードには、たとえ年会費無料クレジットカードであっても、かなり高額の旅行保険が付帯されていることが多いのです。

具体的には、どうなのでしょうか?
年会費無料クレジットカードのなかで旅行保険があるものとしては、たとえば楽天カードがあります。(傷害)死亡・後遺障害で保険金は2000万円です。傷害治療費用は200万、疾病治療費用は200万、賠償責任は2000万、携行品損害は20万(ただし免責3000円)、救援者費用は200万円です。

楽天カードの場合、以前は「自動付帯」といって、カードを持っているだけで(つまり、そのカードで旅行代金を支払わなくても)保険が適応されたのですが、2007年7月から利用付帯に変わってしまいました。このように申し込むときには自動付帯だったとして申し込んでも、途中で一方的に変更してしまうこともままあり得るので、カード付帯の保険を期待している人は出発前に確認しておいたほうが無難です。

ポイント

クレジットカードを利用して、ある程度の金額・・・たとえ少しでも戻ってきたら、思わぬ「お小遣い」として嬉しいですよね?でも、このポイント! 案外ばかにならないのです。たとえば、Yahoo!JAPANのクレジットカードの場合、Yahoo!ショッピングを使う人にはお得かも知れませんね!

Yahoo!JAPANのクレジットカードは年会費無料クレジットカードです。Yahoo!JAPANを通常のカード利用で利用すると、100円で1ポントつきます。さらにもしその買物がYahoo!ショッピングという、ヤフーによるネットショッピングだとすると、そのポイントは2倍になります。またこの2倍の得点は、たとえば、Yahoo!BBを利用した場合にも適用されます。

具体的に・・・?
1.海外旅行に行くのに、Yahoo!JAPANカードで旅行代金20万円支払ったとしましょう。この場合、ポイントは、2000円分つきます。
2.海外旅行に行くために、スーツケースを2万円、ヤフーショッピングで買物したとします。その場合は、通常はポイントが200円分ですが、2倍になるので400円となります。(実際には、これに消費税と送料がかかります。その場合、本体分は2倍となりますが、その消費税と送料分は通常の100円で1円と計算されます・・・でも、一応少なくともつくから嬉しいかもしれませんね!)

ここまでが普通のカード利用です。さらに?もしその人がYahoo!BBの契約者の場合は?

3.Yahoo!BBの利用料金が月に4000円だとするとその獲得ポイントは、400ポイントの2倍となりますので、80ポイントになります。

とすると?1+2+3でのポイントは、合計で、2280ポイントです。つまり2280円分です!・・・なかなか、ばかにはなりませんよね?