クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

即日発行

海外旅行を目前にしているなど、すぐにクレジットカードを受け取りたい、という人はいますよね。そのような場合に、便利なのが「即日発行」が可能であったり、コンピューターからすぐに申し込みができる、といったクレジットカードかもしれません。
たとえば、年会費無料クレジットカードのなかでは、「シティクリアカード」は、審査時間がなんと! 最短10分で最短即日発行となっています。しかもこのクレジットカードの場合、オンライン申し込みが可能です。また、海外旅行や国内旅行の旅行保険がついているので、旅行への出発まぎわの人には便利かもしれません。また、利用限度額も100万円(ただし学生の方は、10万円です)、ショッピング保険もついています。ただ、この「シティクリアカード」はリボルビング払い専用なので、そのあたりの金利などはチェックしておく必要があります。
ちなみに、「シティクリアカード」には、同じく年会費無料クレジットカードで、ETCカードもありますから、その得点を期待する人にはお得なクレジットカードかもしれませんね。

ただ、審査が早いということは、安易にクレジットカードを申し込んでしまいがちです。当たり前のことですが、使った分は、いつかその支払いが請求されます! 消えてしまうわけではないのですから、きちんとした自己管理のもとでクレジットカードを利用することが重要であることには変わりありませんから、注意して使いましょう。

ショッピング保険


クレジットカードでの支払いは非常に便利ですが・・・もし買ってしまった品物が壊れてしまったり、盗難に遭ったとしたら?

もちろん現金で買った場合もショックは大きいですが、クレジットカード支払いとした場合、買った品物は壊れて使えないのに、支払いはあとから「折ってくる!」、ちょっと耐えられないのではありませんか?

そのためにクレジットカードには、「ショッピング保険」が付帯されていることがあります。
「ショッピング保険」というのは、クレジットカードで支払った品物が購入してから一定間に盗難や紛失、あるいは破損して場合に、補償してくれるというものです。

年会費無料クレジットカードのなかでも「シティクリアカード」には、50万円のショッピング補償が付帯されています。ただし、クレジットカードのショッピング保険は多くの場合、ある程度の免責がありますので、確認しておくことが必要です。

その他、ユニークなのは、楽天のカードです。楽天カードの場合、いわゆるショッピング補償というものは付帯されていません。しかし、楽天カードで支払いをし、楽天ショッピングでオンラインで購入したものに対して未着のものがその料金を請求されないというものです。もちろん審査はありますが、オンラインで申し込んでみたものの、その商品が万一、届かなかったらどうしよう?という不安を抱えている人で、ネットショッピングを利用することが多い人なら安心できますね。

支払い

商品やサービスを購入したら、その代金を支払うのは、現金であろうと、クレジットカードによる支払いであろうと、同じです。ただ、クレジットカードによる支払いの場合は、その支払いまでの期間がある程度延期されるというだけの話です。

クレジットカードによる支払いは、基本的には一括払いは基本でしょう。つまり、利用した代金を翌月に一括で支払うというものです。この場合は、手数料はかからないでしょう。一方、何回かに分割して支払ったり、ボーナス時に一括して払うというものもあります。分割払いの場合は、クレジットカードの会社にもよりますが、3回や6回などに分けて支払いまし。一方、ボーナス一括払いは、利用者が支払いの期日をボーナスの支給日に設定して支払います。

そのほか、リボルビング払いというものがあります。毎月の返済金額を一定に設定して支払うというものを、「定額リボルビング払い」といいます。また、利用残高に一定の割合を上乗せすて返済の額を決定するという方法もあり、こtれは「定率リボルイビング払い」と呼ばれる方法です。その設定以上の利用金額は、翌月などに延期されます。その他、「フレックス払い」もあります。これはいわゆるお金のあるときに支払うというもので、リボルビング払いの変形版といったらいいでしょうか? 一定の金額をうわまわるのであれば、いくらでも支払うことができるというものです。

たとえば、「シティクリアカード」は、年会費無料クレジットカードですが、このカードはリボビング払い専用です。毎月の支払いは負担が少ないかも知れませんが、リボルビング払いでは、利子がつきます。年会費無料クレジットカードの場合、案外、利子が高いということもあります。注意して利用する必要があるでしょう。

入会ポイント

年会費無料クレジットカードのなかで、入会ポイントがお得なクレジットカードとして根強い人気なのが、「ライフカード」です。入会の時点で50ポイントがまず、加算されます。100円で1点という通常のポイントもクレジットカードのポイントとしては最高レベル(1000円で1点というのが通常)に加えて、誕生日月はポイントが5倍となります
たとえば、7月生まれで自分の誕生日に「自分へのご褒美」を考えているあなた! 是非、誕生日月にこのカードで自分の何かすてきなプレゼントをしてもいいですね。
ライフカードはそのほかにも、入会後3ヶ月間はポイントが2倍、E-mailポイントとして、利用代金をe-mailで知らせる「ご利用代金をE−mail送付サービス」に申し込むと、送付ごとに10ポイントが加算されます。また、リボ分割ポイントは1階の利用が1万円以上で「リボ払い」または「3回以上の分割払い」で利用ごとに+20ポイントとなります。その他にも1000円に1ポイントの付与となります。

その他、「楽天カード」の場合は、入会時点で楽天スーパーポイントが2000ポイントつきます。1ポイント1円ですから、2000円分となります。この楽天スーパーポイントは楽天ショッピングなどで利用できます。通常の楽天カードでは、100円で1ポイント、ただし楽天市場での買物はいつでもポイントが2倍になります。楽天市場での買物をよくする人はこのカードが得かも知れません。

このように通常のポイントに加えた入会ポイントにも着目すると、今、これに使おうというあてがある人にはいいかもしれませんね。

身近な店のクレジットカード

ちょっと以外かもしれませんが、案外「お得」なのが、本当に身近なドラッグストアやコンビニのクレジットカードかも知れません。どんなに得点が高くでもせいぜい、1パーセントのなかで、このようないつも利用する店で年会費無料クレジットカードのカードを作り、頻繁に用いることがもっともお得なのかもしれない! というのが正直いって本音です。

たとえば大手薬局のサンドラッグを考えてみましょう。

「サンドラッグクレジットポイントカード」は、現在WEB入会スタートキャンペーン実施中ということもありキャンペーン期間に入会するとお得です。今なら、入会するともれなく1000円分のサンドラッグクーポン券と1000円分のJデボで合計2000円分の得になります。Jデボとは、カードショッピングの利用代金からJデボ金額を差し引いて請求するというもので、カードの利用代金が1000円分無料になります。

また、サンドラッグ以外の日本国内、海外での買物は、現金で100円につき1ポイントです。かなりの高ポイントです。このポイントは500円分として買物のときに利用されます。つまり、通常、サンドラッグで買物を現金ですると、100円で1ポイントつきます。そのときにサンドラッグの年会費無料クレジットカードで支払うと、さらに1ポイントつきますから、100円で2ポイントつくということです。サンドラッグのお店以外では、200円で1ポイントと半分になります。これは500ポイントからサンドラッグの商品券と交換できます。さらに嬉しいのは、これらのサンドラッグの商品券とは「別に」、ジャックスラブリーポイントがつくのです。これは1000円に1ポイントとわずかですが、それでもサンドラッグの券とは「別」に商品やギフト券と交換できるのは嬉しいですよね。