クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

自己破産でもつくれるVISAカード?

自己破産する人や、多重債務におちいる人が急増しています。

自己破産や多重債務の一番のデメリットは、クレジットカードです。現代生活でクレジットカードを必要とする機会は増えるばかりです。

クレジットカードは、最近では一種の身分証明書のように使われています。たとえば、ヤフーオークションひとつとってみても、クレジットカードがなければ出品手続きがかなり面倒になります。ネット決済とか、ネットで売買とか、インターネットが普及するほどに、クレジットカードの利用頻度が増えているんです。

自己破産した、債務整理中、そんな理由ででクレジットカードを持てず、つらい思いをしてる人も少なくないはずです。


じつは、自己破産者でも、ブラックでも、クレジットカードをつくる裏技がありました。

正確にはクレジットカードではなくて、デビットカードなんですが、れっきとしたVISAカードです。ほとんど、無審査でVISAカードがもてるサービスがあるんです。

それは、スルガ銀行がはじめたVISAデビットカードのサービスです。

自己破産した人、ブラックの人にはうれしい話ですし、高校生以上なら持つことができるんですよ。申し込み時に書き込む個人情報も、最低限の内容でOKです。


ブラックリストに載るとお金が借りれなくなる?

「ブラックリストに載るとお金が借りれなくなる」という噂があります。

みなさんもご存知かと思いますが、実際にブラックリストという名簿があるわけではありません。それではブラックリストに載るということはどういうことか、消費者金融を例に、もういちどおさらいしましょう。


融資の申し込みがあった場合、消費者金融業者は、個人信用情報機関に照会して、調査をします。

その際に、支払いが滞る「延滞」「事故」(業界用語)が発生していた場合、「異動情報」と呼ばれる特別な情報が記載され、以降、数年間融資が受けられないペナルティが発生します。これがブラックリストの正体です。


本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが遅れた時点」で延滞扱いとなり、異動情報が個人信用情報期間に登録されます。

延滞後に支払いをしてて完済することを「延滞解消」と言います。「延滞解消」しても延滞後に完済したという事実は1年間記録として残ります。

そして、この事実は5年間参考情報として個人信用情報機関に残るため、延滞解消になっても参考情報が消えない限り延滞と同様に審査は通りません。


ブラックリストに載る(延滞情報が信用機関に掲載)と、どのような事情があっても審査はNGという消費者金融がほとんどです。消費者金融業者は「全情連」と呼ばれる個人信用情報機関に加盟していますが、銀行やクレジットカード会社は別の信用機関を利用しています。

消費者金融が、これらの信用機関の情報を照会することはまずありませんので、銀行やクレジットカードで延滞が起きても消費者金融から借りる場合は関係ありません。しかし逆に消費者金融でブラックに載ってしまうと、クレジットカードや銀行は100%審査が通りません。

クレジットカード審査基準は?

クレジットカードを申請する場合には、まず、連絡先に電話がかかることがほとんどです。この場合、職業の内容などを口頭で質問されることがあります。

そうして、審査基準に通った場合、その後、事故や延滞がなければ、違うクレジットカードの発行にはそう手間取りません。


無職で収入の当てがない人や、自営業で利益がない人、また、水商売の人達は、一見クレジットカードの審査が通らないように思えますが、カード会社によっては、カードの発行が可能な場合があります。

もちろん、クレジットカードの審査基準に達しないため、カード発行が出来ない人もあります。


個人信用情報機関では、他の会社から借り入れた金額や、その返済状況が細かく調べられます。最後に、コンピューターによって自動的に計算され、評点が付けられます。

こうして、スコアリングで、クレジットカードの審査基準に照らし、合格した場合は速やかにカード発行となるのです。


クレジットカードを申請した人の中には、審査基準が通らない人もいます。

もともとカード会社は、属性である年収、居住年数、勤続年数の3つに最低スコアを設定しています。そこで、審査基準が通らない人は、この3つのうちの一つでも、最低スコアに達しない場合が多いと言えます。

消費者金融と多重債務

消費者金融の相談が非常に多くなっています。この背景には消費者金融が身近な存在になりすぎたこともひとつの原因でしょう。

気軽に借金をしてしまう人が急増したために、消費者金融とのトラブルが多発しているんです。まずは消費者金融で借金をする前に、消費者金融の相談をしてみることが大切ですね。消費者金融の有効な利用法や、消費者金融の仕組みについて、少しでも理解していくことが大事です。


消費者金融の相談をされる方の多くは、多重債務者です。多重債務者になってしまうと、それこそ悲惨な状態となります。最悪の場合は自己破産をしないと、再起は難しくなると思います。

複数の消費者金融から借り入れをしている人は、まず、自分の借入残高がどれくらいあるのかを調べてみることが大切です。自分の今おかれている状況を把握しないうちに新たな借り入れをすることが多いのですが、それは危険です。

消費者金融から複数の借り入れがある人のなかには、一本化を考えている人も多いでしょう。

しかし、これも低金利の一本化ならば問題はありませんが、とにかく一本化したいために行うのは危険です。冷静な判断ができないことがありますので、つい金利が高いところで一本化をしてしまいます。

消費者金融でブラックと呼ぶ場合は

消費者金融でブラックと呼ぶ場合は、ブラックリストに掲載されるということを指しています。

ブラックリストというと、全ての金融業者に情報がまわって、どこに行ってももうお金を借りることができないという印象がありますが、本当のところはどうなのでしょうか?


消費者金融においては、融資の申し込みがあった場合、申込者の他社借り入れ状況を、個人信用情報機関に紹介して、調査を行います。

この際に一定期間に他社の融資において支払いが滞った場合、「異動情報」と呼ばれる特別な情報が記録され、以降数年間、融資が受けられないペナルティが発生します。専門用語では「延滞」「事故」などと呼ばれ、通称ブラックとも呼ばれます。


どのくらい支払いが遅れると延滞扱いになるでしょうか? 

本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが遅れた時点」で延滞扱いとなり、異動情報が個人信用情報機関に登録されます。延滞後に支払いをしてて完済することを 「延滞解消」 と言います。延滞解消後も延滞後に完済したという事実が1年間記録として残ります。

そして、延滞情報は登録されてから「最低5年間は参考情報として残り」ますので、延滞解消になっていても参考情報が消えない限り延滞と同じ扱いを受け審査は通りません。


個人信用情報機関に延滞情報が登録されている申込み者は、どのような事情があっても、融資の審査はほぼ通りません。

消費者金融業者は「全情連」と呼ばれる個人信用情報機関に加盟して情報を共有しています。銀行や信販会社もそれぞれ信用機関に加盟しており、信用機関同士で延滞情報の共有をしていますが、消費者金融の業者は銀行や信販会社の延滞情報は、調べません。

逆に消費者金融による延滞情報が載った場合は、信販会社や銀行はほぼ融資が通らないのです。