クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

カードの系列について

クレジットカードには、それぞれカードの系列があるということをご存知ですか?

1.銀行系クレジットカード
2.信販系クレジットカード
3.流通系クレジットカード
4.消費者金融系クレジットカード
5.そのほかのクレジットカード


たとえば具体的には、
1.銀行系クレジットカードには、国内ではJCBカードやUCカード、三井住友カード、DCカード、UFJニコスカードがあります。外資では、シティバンクやアメリカン・エキスプレスがあります。銀行系クレジットカードというのは、銀行やその系列の子会社が発行しているものです。クレジットカードの発行枚数のなかでも大部分(4割)を占めているといわれます。

2.信販系クレジットカードには、UFJニコスやオリコ、ライフ、セントラルファイナンスなどがあります。信販会社が発行しています。

3.流通系クレジットカードというのは、たとえばイオンクレジット、東急TOPカードなど、デパートやスーパーなどが発行しています。これらのお店で買い物をすると割引があるなどの利点があります。

4.消費者金融系クレジットカードは、消費者金融が発行しているクレジットカードです。武富士、アコム、プロミス、アイフルなど、テレビの宣伝でおなじみのものが多いですよね。審査が甘く、即日発行などの利点はありますが・・・。

5.その他、NTTグループカードやANA、JALカード、また石油系の出光カードがあります。

クレジットカードを選ぶときに、年会費無料クレジットカードというのがきっと大きな選択ポイントでしょう。その年会費無料クレジットカードのなかでは、次になにを基準として選んだらいいのかというとき、この系列というものも知っておくと役に立ちますよ。


クレジットカードを比較するポイントは?

クレジットカードはたくさんありすぎて、いったい何をポイントにして比較したらいいのかわからなくなりますよね。いくつか目安になる点をあげてみたいと思います。

■対象者別観点
 ・ビジネスマン向け
 ・女性向け
 ・学生向け

■得点や目的別の観点
 ・年会費で選ぶ・・・初年度年会費無料/年会費無料
 ・ガソリンカード・ETCカード
 ・買い物でお得・・・買い物・食事で/ネットショッピングでお得
 ・得点・・・入会得点/ポイント還元率が高い
 ・マイルがたまる・・・ANA/JAL
 ・携帯電話の支払いがお得
 ・海外・国内旅行でお得

■付帯保険別観点
 ・国内外旅行保険
 ・ショッピング保険

■系列別
 ・銀行系クレジットカード
 ・信販系クレジットカード
 ・メーカー系クレジットカード
 ・流通系クレジットカード
 ・石油・オイル系クレジットカード

■国際ブランド別観点
 ・VISA
 ・MasterCard
 ・アメリカン・エキスプレス
 ・JCB
 ・ダイナーズクラブ
これらの観点のうち、やはりまずは年会費無料クレジットカードというのが大きな基準となります。たとえば、年会費無料クレジットカードには次のものがあります:
 ・「出光カードまいどプラス」
 ・「NTTグループカード」
 ・「UFJ VIASOカード」
 ・「NICOS VIASOカード」
 ・「TSUTAYA Wカード」
 ・「Yahoo!JAPANカード」
 ・「ライフカード」
 ・「SBIカード」(レギュラーカード)
 ・「シティクリアカード」
 ・「クオークカード」
 ・「freeBO! USカード」
 ・「KARUWAZAカード」
 ・「クラブドンペンカード」
 ・「さくらJCB LINDA」

年会費無料クレジットカードのなかで、それぞれの目的に合わせ、旅行好きの人は国内海外旅行保険が付帯しているものを、ショッピング、特にネットショッピングなどを頻繁に利用する人はショッピング保険が付帯しているものを選ぶとよいでしょう。

旅行保険つきのクレジットカード

入会費・年会費が無料となる「年会費無料クレジットカード」は、クレジットカード選びの大きな決め手でしょう。

その年会費無料クレジットカードにも、年会費がかかるクレジットカード並みの旅行保険がついているものがたくさんあります。旅行好きの人には、カード選びの大きなポイントとなるでしょう。

ただし、この旅行保険ですが、これには2種類あります。利用付帯と自動付帯です。

自動付帯は、そのクレジットカードをもっていれば・・・つまり、そのクレジットカードで旅行代金を支払わなくても保険がついてきてしまう!というお得なもの。一方、利用付帯というのは、文字通り、そのクレジットカードで旅行代金を支払った場合にのみ、保険が適応されるというものです。

たとえば、VIASOカードには、NICOSカード発行のVIASOカードと、UFJカード発行のVIASOカードがあります。いずれも海外旅行保険付帯のクレジットカードですが、NICOSのほうのVIASOカードは、自動付帯、つまりカードの契約者である本人であれば、このクレジットカードで旅行代を支払っていない場合でも、たとえば海外で入院した場合など、保険金が支払われます。一方、UFJのVIASOカードは、利用付帯です。このクレジットカードで旅行代金を支払った場合のみ、万が一の場合に保険が適応されることになります。

どうせそのカードで旅行に行くのだから、自動付帯であろうが利用付帯であろうが関係ない、という人もいるでしょうし、いや、自動付帯のほうがいい、という人もいらっしゃるでしょう。その他の利点も含めて比較して考える必要があります。

クレジットカードの仕組み


そもそもクレジットカードとはなんなのか、またどのような利点、不利益があるのでしょうか? クレジットカードというものをきちんと理解したうえで使いたいものです。

クレジットカードというのは、商品を購入するときの支払い手段のひとつです。カードには、契約者の番号や、そのほかの情報が記載、または記録されたものです。磁気ストライプによるカードと、ICによるカードがあります。

クレジットカードの使用方法は、まずクレジットカードが利用できる加盟店でクレジットカードを提示し、支払うというものです。提示することで、クレジットカード会社がいったん、支払いを肩代わりして支払い、そのあとで決められた期日に、カードの使用者に代金を請求するのです。つまり、クレジットカード会社が、契約者を信用する、つまり「クレジット」するという意味です。

では、カードを紛失したり、盗難に遭った場合はどうなるのでしょうか?

その場合は、ただちにクレジットカード会社に連絡することが大切です。そうすれば、会社が利用を停止する手続きをとりますから、被害を最小限に抑えることが可能です。最近のカードには、あらかじめいろいろな保険機能がついているものがあります。年会費無料のクレジットカードでも、思いのほかそのあたりの保障は充実しているものがありますので、よく調べてから入会することが重要です。

クレジットは現金の持ち合わせがないときや、海外での支払いなどで非常に便利です。

また、年会費が無料のクレジットカードもあり、ますます便利、手軽になりつつあります。ポイントが「お得感」を増しているのも事実でしょう。しかし、その利便性の反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。

年会費無料クレジットカード

近年、クレジットカードがますます普及し、大きな買い物だけでなく、コンビニでのちょっとしたサンドイッチや牛乳、公共料金の支払い、携帯電話料金など、生活のほとんどすべての支払いをクレジットカードによっているという人も増えてきています。これはやはり、年会費無料クレジットカードの普及がその大きな要因となっているのではないでしょうか?

実際、クレジットカードには入会費用や年会費用がかかるものもあります。たとえば1枚2000円程度の年会費だったとしても、もし5枚、クレジットカードを持っていたとしたらどうでしょう?1年で10000円の年会費になってしまいます。これを考えると、年会費無料クレジットカードはお得ですよね?

でも、この無料という場合も、少し注意して考える必要があります。「無料」には2種類あるからです。まずひとつは、「初年度年会費無料」というものです。これは現在ではほとんどのクレジットカードがこの得点をもうけています。文字通り、申し込みをした最初の年度は年会費が無料となるものです。そして、二つめは、まったくの「無料」、つまり年会費が永年無料というものです。これなら、年会費を知らない間に引き落とされていた!という心配もなく、安心してもっていられます。実際にはさらに、もうひとつ、たとえばその前年度にある程度の利用(一回でもということもあります)をすれば、次年度も年会費がただになるというものです。これも、実質的には永年無料に近いといえるでしょう。

支払い方法

不思議なものですが、自分のお財布から1万円出すのは、気が引けてしまっても、なぜかそれがクレジットカードだとついつい買ってしまう! ということはありませんか? ましてやそれがネットショッピングや通販だとなおさらです。しかしあくまでそれは「買い物」であることを忘れていけません。クレジットカードによる買い物というのは、一時的にクレジットカード会社があなたの買い物の代金を「肩代わり」してくれているだけです。いつかは払わなくてはならない・・・あたりまえのことですよね!

年会費無料クレジットカードの場合、ついつい維持費用がかからないことから複数もってしまいがちです。しかし、年会費無料クレジットカードでも、その使い方に注意をする必要があることには変わりはありません。
では、クレジットカードの場合、どのような支払い方法があるのでしょうか?

1.一括払い
金利手数料は一切、かかりません。買い物の時点に現金の持ち合わせがなかったとき、通常、1ヶ月から2ヶ月後の支払い期日に一括して買い物代金を支払うという方法です。

2.分割払い
購入した代金を何回か・・・2回、3回〜10回、などに分けて支払う方法です。何回に分割するかは、自分で設定します。高額な買い物をする場合などに便利です。ただし、販売店によっては一括払いしか認めていない場合もありますので、分割払いが可能かどうかを商品の購入時に確認する必要があります。

3.リボルビング払い
リボルビング払いは、「リボ払い」と呼ばれることもあります。毎月の支払い額を設定し、月々一定の金額を支払うというものです。リボルビング払いには、元金に金利が加算されるので、支払いにリボルビング払いを選択するバイはよく注意が必要です。

カードを目的別に選択する

クレジットカードは、いくら年会費無料クレジットカードであっても、やたらたくさんのクレジットカードをもつことは、決してお勧めできません。偽造犯罪やフィッシングといった被害に遭う可能性もあります。

では、いったい何を基準にクレジットカードを選択したらいいのでしょうか?


●利用頻度が高い人向きのクレジットカードは?

アメリカン・エクスプレス、VISA、MasterCard、JCBといったブランドのものが加盟店も多く、国内外で利用に便利でしょう。

●安全を第1に考えたい人には・・・?

カード犯罪、たとえばスキミングといってカードに記録されている個人情報を抜き出し、不正利用されてしまうのを防ぐために、ICクレジットカードを選択するのがよいでしょう。ICチップは、従来の磁気テープと比較して偽造や変造が困難なのです。

●旅行にもって行きたい!という人には?

旅行保険が付帯されているものがよいでしょう。JALやANAなどの航空会社が発行しているカードはマイルがたまります。またそれ以外のカードでもたとえば、NTTグループのカードの場合、ポイントをANAのマイルに変えることも可能です。また、NTTカードの場合は、JTBなどの旅行会社での支払いに3パーセントから5パーセントの割引を受けられるという特典もあります。

●買い物するお店が特定でき、その店の割り引き得点を受けたいという人は?

イオンや東急など、デパートやスーパーが発行しているクレジットカードがいいでしょう。また、楽天カードやYahoo!JAPANカードなどは、たとえば楽天カードの場合、ポイントを楽天での買い物に使うことができるほか、商品の未着あんしん制度やネット不正あんしん制度といった、ネットショッピングをよくする人向けの得点が充実しています。

クレジットカードの利点

現在は、問題やそれに関連した犯罪も急増しているとはいえ、クレジットカードが非常に普及しているのは事実です。年会費無料クレジットカードの普及によって、ますますその傾向に拍車がかかっています。しかし学生や収入が安定しない人などが安易にクレジットカードをもつのは問題があります。きちんとその利点と危険性を熟知したうえでクレジットカードを有効にかつ安全に利用したいものです。

ではまず、クレジットカードの利点というのはなんでしょうか?

まずなんと言っても、現金を持ち歩かなくてもいい、現金の持ち合わせがなくても買い物を楽しむことができる、という点でしょう。現金は盗まれてしまえばそれまでです。しかしクレジットカードなら、盗難されたり紛失した場合には「所定の手続きを迅速にとりさえすれば!」不正な利用を防ぎ、被害に遭わないですみます。また、リボルビング払いは金利がかかることから要注意ですが、一括払いにすれば、金利もかからず、逆にカードのポイントがついたりとお得です。
特に海外では、大金を持ち歩かなくてもいいというのは非常に便利であり、かつ安全です。トラベラーズチェックという手もありますが、使えない店もあります。クレジットカードなら、現金を両替しなくてもいいことから両替手数料がかかりませんし、真夜中に現地についたときにも便利でしょう。VISA やMasterCardなどの国際ブランドは世界中で使えて便利です。

次に、ATMの引き出し手数料がかからない、という利点もあります。たとえば銀行のATMの場合、銀行のカードでは時間外だと手数料がかかったりします。この手数料は案外、ばかになりません。クレジットカードならば手数料をきにすることなく利用できます。

利用限度額

クレジットカードには、当然のことながら発行に審査があり、それぞれの(支払い能力に応じた利用限度額が設定されます。しかし、必ずしもそれだけしか利用できない、というわけではないようで、多少、たとえば1〜2万円ほどの余裕はみてもらえる、というところもあるようです。また、大きな買物を、たとえば旅行などのときにのみ、設定額を引き上げてもらう、ということも可能な場合があります。いずれにしても、再度審査が必要となります。

また、自分からあらかじめ低く抑えておき、あまりクレジットカードを使わないよう、自己規制をかけるという人もいるようです。

年会費無料クレジットカードの場合、やはり年会費がかかるクレジットカードと比べて、利用限度額は低く設定されることが多いようです。しかし、それでもかなりの高額な設定をしているカードもあります。

たとえば、「ライフカード」は、年会費無料クレジットカードです。しかしショッピング利用限度額が10万円〜200万円まで設定可能です。この「ライフカード」は、付帯保険がありません。海外、国内の旅行保険もなく、ショッピング保険もありません。しかし約1週間で発行できてしまうことから、希望者が多いのも事実です。

年会費無料クレジットカード以外では、たとえば、アメリカン・エキスプレス・カードの場合、年会費は12600円、また、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードともなると、年会費は27300円ともなり、これらのカードでは利用限度額は「一律の事前設定なし」となります!

クレジットカードとポイントサービス


クレジットカードのポイントを貯めるには、還元率の高いカードを選び、できるだけ1つのカードを利用することが大切です。  

リボ払いのポイント2倍キャンペーンなどを上手に利用することが賢いクレジットカードの使い方でしょう。たくさんのカードから比較して一枚のカードを選ぶ必要があります。


クレジットカードのポイント還元率の高いカードの中でも、目的によっていろいろなカードがあります。例えば、ガソリンをカードで支払う場合には、いくつかのガソリン販売会社のクレジットカードを比較してカードを作るとよいでしょう。給油時に、特別会員価格でガソリンを購入することが出来ます。


クレジットカードの種類はますます多くなってきていますが、大切なのは、年会費や保険よりも、ポイント還元率でしょう。そのためには、年間にクレジットカードをあまり使わない人は、年会費無料のカードを持つことが大切です。クレジットカードをよく使う人は、カードの還元率を比較することが必要です。


電話料金や、ガス料金などの公共料金を、現金決済からクレジットカード決済に変えるとポイントが付き、ポイント還元率によって商品券や商品に変えられます。これらは、メインのカードで行うのが良いでしょう。そして、サブカードは、ポイント以外のサービスを比較し、目的に応じて持ちたいものです。

クレジット会社のキャンペーン

クレジットカードを持つ人は年々増えつつあります。カードの種類もますます増えてきましたが、これらのカードの入会者が増えるのは、色々なカード会社のキャンペーンによるようです。例えば、初年度年会費無料であったり、1000ポイントがもらえたりするキャンペーンが多いようですね。

クレジットカード会社が行うキャンペーンは、明らかに会員を増やすためなんです。

初めてカードを作る人には、キャンペーン期間中に入会することが最もお得といえるでしょう。また、ネットで入会キャンペーンは、カード会社の手間も省けて、申込者にとっても年会費が無料になったりするのでお得です。

クレジットカードのキャンペーンで、とてもお得なカードがあります。それは、さくらJCBカードのネットde入会キャンペーンです。カードに入会すると、もれなく1000円のギフトカードがもらえるだけでなく、3万円以上のカードの使用で3000円のギフトカードがもらえます。


クレジットカードのキャンペーンには色々な特典があります。こうしたキャンペーンの情報は、街角やお店、それにテレビ、雑誌、新聞でPRされています。しかし、キャンペーンの期間が決まっていて、先着の人だけに特典がもらえたりしますので、インターネットでカードキャンペーンをチェックするとよいでしょう。

審査が甘いクレジットカード?

最近では、いろいろなクレジットカードが発行されています。けれども、ライフカードやセゾンカードにしても、最終的にはマスターカードやビサ、JCBと言ったカード会社で運営されています。

そこで、カードの履歴を調べるのは簡単になり、審査も支払い履歴の上で問題がなければ、甘いものになります。


最近では、消費者金融業者がクレジットカードに参入して来ました。

一見、危ないような感じも受けますが、こうしたカードはキャッシングを目的にしているので、キャッシング金利は他のカード会社より低くなっています。審査は一番甘いカードですが、ショッピングローンの限度額は低くなっています。


クレジットカードの審査が通らないという場合、最も大きな原因は、支払い延滞です。この支払い延滞が1ヶ月以上にわたると、個人信用情報機関に登録されてしまいます。

そして、こうした支払い延滞が3回以上起きると、ブラックリストにのることもあります。こうしたことは、審査の甘いと言われるカード会社でも影響します。

クレジットカード無職でも作れる?

クレジットカードの審査が、無職で通るか通らないか、はクレジット会社によります。流通系のクレジット会社なら、18歳以上の学生や、主婦の人までカードを作ることが出来ます。

クレジット会社が嫌うのは、無職というより、事故があったり、延滞などの個人的な信用のない場合です。


クレジットカードを発行する時の審査では、申し込み書に書かれている事項に点数をつけて、審査を行います。

審査の厳しいクレジット会社では、住所を調べるにも、住民票を取り寄せて調べる場合もあります。けれども、たいていは記入事項を正しいものとして審査するので、無職の人でも通る場合があります。


クレジットカードを持ちたいけれど、仕事はしたくないといったニートの人でも、カードを持つことが出来る場合があります。ただし、こういった人の場合には、クレジットカードの審査は、家族がかなりセレブクラスでないといけないんですね。無職といっても色々な場合があります。