クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

カードの系列について

クレジットカードには、それぞれカードの系列があるということをご存知ですか?

1.銀行系クレジットカード
2.信販系クレジットカード
3.流通系クレジットカード
4.消費者金融系クレジットカード
5.そのほかのクレジットカード


たとえば具体的には、
1.銀行系クレジットカードには、国内ではJCBカードやUCカード、三井住友カード、DCカード、UFJニコスカードがあります。外資では、シティバンクやアメリカン・エキスプレスがあります。銀行系クレジットカードというのは、銀行やその系列の子会社が発行しているものです。クレジットカードの発行枚数のなかでも大部分(4割)を占めているといわれます。

2.信販系クレジットカードには、UFJニコスやオリコ、ライフ、セントラルファイナンスなどがあります。信販会社が発行しています。

3.流通系クレジットカードというのは、たとえばイオンクレジット、東急TOPカードなど、デパートやスーパーなどが発行しています。これらのお店で買い物をすると割引があるなどの利点があります。

4.消費者金融系クレジットカードは、消費者金融が発行しているクレジットカードです。武富士、アコム、プロミス、アイフルなど、テレビの宣伝でおなじみのものが多いですよね。審査が甘く、即日発行などの利点はありますが・・・。

5.その他、NTTグループカードやANA、JALカード、また石油系の出光カードがあります。

クレジットカードを選ぶときに、年会費無料クレジットカードというのがきっと大きな選択ポイントでしょう。その年会費無料クレジットカードのなかでは、次になにを基準として選んだらいいのかというとき、この系列というものも知っておくと役に立ちますよ。


この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15555487

この記事へのトラックバック