クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

カードを目的別に選択する

クレジットカードは、いくら年会費無料クレジットカードであっても、やたらたくさんのクレジットカードをもつことは、決してお勧めできません。偽造犯罪やフィッシングといった被害に遭う可能性もあります。

では、いったい何を基準にクレジットカードを選択したらいいのでしょうか?


●利用頻度が高い人向きのクレジットカードは?

アメリカン・エクスプレス、VISA、MasterCard、JCBといったブランドのものが加盟店も多く、国内外で利用に便利でしょう。

●安全を第1に考えたい人には・・・?

カード犯罪、たとえばスキミングといってカードに記録されている個人情報を抜き出し、不正利用されてしまうのを防ぐために、ICクレジットカードを選択するのがよいでしょう。ICチップは、従来の磁気テープと比較して偽造や変造が困難なのです。

●旅行にもって行きたい!という人には?

旅行保険が付帯されているものがよいでしょう。JALやANAなどの航空会社が発行しているカードはマイルがたまります。またそれ以外のカードでもたとえば、NTTグループのカードの場合、ポイントをANAのマイルに変えることも可能です。また、NTTカードの場合は、JTBなどの旅行会社での支払いに3パーセントから5パーセントの割引を受けられるという特典もあります。

●買い物するお店が特定でき、その店の割り引き得点を受けたいという人は?

イオンや東急など、デパートやスーパーが発行しているクレジットカードがいいでしょう。また、楽天カードやYahoo!JAPANカードなどは、たとえば楽天カードの場合、ポイントを楽天での買い物に使うことができるほか、商品の未着あんしん制度やネット不正あんしん制度といった、ネットショッピングをよくする人向けの得点が充実しています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15555486

この記事へのトラックバック