クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

メーカー系クレジットカード

クレジットカードには、銀行系クレジットカードや信販会社系クレジットカードなど、発行元による系列があります。それぞれに得点がありますが、特定のお店をある程度頻繁に利用するという人には、そのお店で割引特典が受けられるということから便利なカードといえるでしょう。
たとえば、年会費無料クレジットカードのなかでは、「UCS KARUWAZA CARD」があります。このカードはアピタ・サークルKサンクスなどのユニーグループが発行しているカードです。そのためサークルKサンクスでの買物に便利であるという得点があります。しかも海外旅行傷害保険が最大1000万円、国内旅行傷害保険も最大1000万円、さらにショッピング保険が100万円ついています。

その他、携帯電話など電話料金を節約したいという人はNTTグループカードがお得です。このカードも年会費無料クレジットカードのひとつです。ただし、このNTTグループカードは、付帯保険としては海外・国内旅行保険は付帯されていませんし、ショッピング保険もありません。提携のホテルや旅行会社などで割引特典を受けることができます。その他、得点をVISAギフトカードなどで受けるコースと、NTTなどの電話料金のキャッシュバックとして受け取る方法を選ぶことができます。

また、ネットショッピングをする人には「楽天カード」を、チケットを購入する機会が多い人は、「ぴあカード」がそれぞれ独自の得点をもうけています。それぞれの得点をいかすと有利ですよね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15555482

この記事へのトラックバック