クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

ショッピング保険

国内でもそうですが、海外でショッピングをしたときにその品物がもし破損してしまったり、盗難や火災にあったしまったとしたらどうでしょう?

そんなときに安心なのが、「ショッピング安心保険」です。たとえば、「UCSカード」は、年会費無料クレジットカードのひとつですが、このカードには「ショッピング安心保険」が付帯しています。これはUCSカードで購入した商品を1品1事故購入価格5,000〜100万円の場合、免責3,000円で、国内外をとはずに破損、盗難、および火災による損害を、補償するというものです。ただし、商品購入から90日間を限度とします。

手続きとしては、購入時のレシートを用意し、損害が発生した日から45日間以内に所定の事故センターへ連絡するというものです。UCSカードの場合は、三井住友海上火災保険が請け負っています。UCSショッピング安心保険は、UCSカード会員全員に適用されます。ただし、食品やめがね、携帯電子機械など、一部、適用外のものもあります。

また、地震や風水害、置き忘れなど、補償対象とならないケースや補償とならない品物もあるので、詳しくは具体的にお尋ねください。

その他、同種の保険としては、楽天カードのように、ネットショッピングで、楽天カードにより支払ったものについて、未着の場合に所定の調査のうえで請求を取り消してくれるというものもあります。

先のUCSカードは、その他、海外旅行の旅行保険が自動付帯、国内旅行の旅行保険は利用付帯されています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15555480

この記事へのトラックバック