クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

旅行保険

近年、クレジットカードが非常に普及してきたひとつの理由として、旅行、特に海外旅行に行く人が増えたことがあるかもしれません。普段の買物にはクレジットカードを使用しない、という人も、海外でのお買物にはクレジットカードを用いる、という人、または、何か思わぬ支出があるかもしれないのでお守り代わりに持っていくという人もいます。また、旅行、特に、海外旅行の場合は、金額がかなりの高額になりますので、それをクレジットカードで支払えば、相当なポイントを期待できるという利点もあります。それに、クレジットカードには、たとえ年会費無料クレジットカードであっても、かなり高額の旅行保険が付帯されていることが多いのです。

具体的には、どうなのでしょうか?
年会費無料クレジットカードのなかで旅行保険があるものとしては、たとえば楽天カードがあります。(傷害)死亡・後遺障害で保険金は2000万円です。傷害治療費用は200万、疾病治療費用は200万、賠償責任は2000万、携行品損害は20万(ただし免責3000円)、救援者費用は200万円です。

楽天カードの場合、以前は「自動付帯」といって、カードを持っているだけで(つまり、そのカードで旅行代金を支払わなくても)保険が適応されたのですが、2007年7月から利用付帯に変わってしまいました。このように申し込むときには自動付帯だったとして申し込んでも、途中で一方的に変更してしまうこともままあり得るので、カード付帯の保険を期待している人は出発前に確認しておいたほうが無難です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15555477

この記事へのトラックバック