クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

支払い

商品やサービスを購入したら、その代金を支払うのは、現金であろうと、クレジットカードによる支払いであろうと、同じです。ただ、クレジットカードによる支払いの場合は、その支払いまでの期間がある程度延期されるというだけの話です。

クレジットカードによる支払いは、基本的には一括払いは基本でしょう。つまり、利用した代金を翌月に一括で支払うというものです。この場合は、手数料はかからないでしょう。一方、何回かに分割して支払ったり、ボーナス時に一括して払うというものもあります。分割払いの場合は、クレジットカードの会社にもよりますが、3回や6回などに分けて支払いまし。一方、ボーナス一括払いは、利用者が支払いの期日をボーナスの支給日に設定して支払います。

そのほか、リボルビング払いというものがあります。毎月の返済金額を一定に設定して支払うというものを、「定額リボルビング払い」といいます。また、利用残高に一定の割合を上乗せすて返済の額を決定するという方法もあり、こtれは「定率リボルイビング払い」と呼ばれる方法です。その設定以上の利用金額は、翌月などに延期されます。その他、「フレックス払い」もあります。これはいわゆるお金のあるときに支払うというもので、リボルビング払いの変形版といったらいいでしょうか? 一定の金額をうわまわるのであれば、いくらでも支払うことができるというものです。

たとえば、「シティクリアカード」は、年会費無料クレジットカードですが、このカードはリボビング払い専用です。毎月の支払いは負担が少ないかも知れませんが、リボルビング払いでは、利子がつきます。年会費無料クレジットカードの場合、案外、利子が高いということもあります。注意して利用する必要があるでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15555472

この記事へのトラックバック