クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

身近な店のクレジットカード

ちょっと以外かもしれませんが、案外「お得」なのが、本当に身近なドラッグストアやコンビニのクレジットカードかも知れません。どんなに得点が高くでもせいぜい、1パーセントのなかで、このようないつも利用する店で年会費無料クレジットカードのカードを作り、頻繁に用いることがもっともお得なのかもしれない! というのが正直いって本音です。

たとえば大手薬局のサンドラッグを考えてみましょう。

「サンドラッグクレジットポイントカード」は、現在WEB入会スタートキャンペーン実施中ということもありキャンペーン期間に入会するとお得です。今なら、入会するともれなく1000円分のサンドラッグクーポン券と1000円分のJデボで合計2000円分の得になります。Jデボとは、カードショッピングの利用代金からJデボ金額を差し引いて請求するというもので、カードの利用代金が1000円分無料になります。

また、サンドラッグ以外の日本国内、海外での買物は、現金で100円につき1ポイントです。かなりの高ポイントです。このポイントは500円分として買物のときに利用されます。つまり、通常、サンドラッグで買物を現金ですると、100円で1ポイントつきます。そのときにサンドラッグの年会費無料クレジットカードで支払うと、さらに1ポイントつきますから、100円で2ポイントつくということです。サンドラッグのお店以外では、200円で1ポイントと半分になります。これは500ポイントからサンドラッグの商品券と交換できます。さらに嬉しいのは、これらのサンドラッグの商品券とは「別に」、ジャックスラブリーポイントがつくのです。これは1000円に1ポイントとわずかですが、それでもサンドラッグの券とは「別」に商品やギフト券と交換できるのは嬉しいですよね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15555469

この記事へのトラックバック