クレジットカードは、現金の持ち合わせがないときや、インターネットショッピング、海外での支払いなどで非常に便利です。年会費が無料のクレジットカードもあり、ポイントが「お得感」を増して、ますます便利、手軽になってます。反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。
自己破産、ブラックでもカードを持てる裏技も紹介します。

自己破産でもつくれるVISAカード?

自己破産する人や、多重債務におちいる人が急増しています。

自己破産や多重債務の一番のデメリットは、クレジットカードです。現代生活でクレジットカードを必要とする機会は増えるばかりです。

クレジットカードは、最近では一種の身分証明書のように使われています。たとえば、ヤフーオークションひとつとってみても、クレジットカードがなければ出品手続きがかなり面倒になります。ネット決済とか、ネットで売買とか、インターネットが普及するほどに、クレジットカードの利用頻度が増えているんです。

自己破産した、債務整理中、そんな理由ででクレジットカードを持てず、つらい思いをしてる人も少なくないはずです。


じつは、自己破産者でも、ブラックでも、クレジットカードをつくる裏技がありました。

正確にはクレジットカードではなくて、デビットカードなんですが、れっきとしたVISAカードです。ほとんど、無審査でVISAカードがもてるサービスがあるんです。

それは、スルガ銀行がはじめたVISAデビットカードのサービスです。

自己破産した人、ブラックの人にはうれしい話ですし、高校生以上なら持つことができるんですよ。申し込み時に書き込む個人情報も、最低限の内容でOKです。


カードの系列について

クレジットカードには、それぞれカードの系列があるということをご存知ですか?

1.銀行系クレジットカード
2.信販系クレジットカード
3.流通系クレジットカード
4.消費者金融系クレジットカード
5.そのほかのクレジットカード


たとえば具体的には、
1.銀行系クレジットカードには、国内ではJCBカードやUCカード、三井住友カード、DCカード、UFJニコスカードがあります。外資では、シティバンクやアメリカン・エキスプレスがあります。銀行系クレジットカードというのは、銀行やその系列の子会社が発行しているものです。クレジットカードの発行枚数のなかでも大部分(4割)を占めているといわれます。

2.信販系クレジットカードには、UFJニコスやオリコ、ライフ、セントラルファイナンスなどがあります。信販会社が発行しています。

3.流通系クレジットカードというのは、たとえばイオンクレジット、東急TOPカードなど、デパートやスーパーなどが発行しています。これらのお店で買い物をすると割引があるなどの利点があります。

4.消費者金融系クレジットカードは、消費者金融が発行しているクレジットカードです。武富士、アコム、プロミス、アイフルなど、テレビの宣伝でおなじみのものが多いですよね。審査が甘く、即日発行などの利点はありますが・・・。

5.その他、NTTグループカードやANA、JALカード、また石油系の出光カードがあります。

クレジットカードを選ぶときに、年会費無料クレジットカードというのがきっと大きな選択ポイントでしょう。その年会費無料クレジットカードのなかでは、次になにを基準として選んだらいいのかというとき、この系列というものも知っておくと役に立ちますよ。


クレジットカードを比較するポイントは?

クレジットカードはたくさんありすぎて、いったい何をポイントにして比較したらいいのかわからなくなりますよね。いくつか目安になる点をあげてみたいと思います。

■対象者別観点
 ・ビジネスマン向け
 ・女性向け
 ・学生向け

■得点や目的別の観点
 ・年会費で選ぶ・・・初年度年会費無料/年会費無料
 ・ガソリンカード・ETCカード
 ・買い物でお得・・・買い物・食事で/ネットショッピングでお得
 ・得点・・・入会得点/ポイント還元率が高い
 ・マイルがたまる・・・ANA/JAL
 ・携帯電話の支払いがお得
 ・海外・国内旅行でお得

■付帯保険別観点
 ・国内外旅行保険
 ・ショッピング保険

■系列別
 ・銀行系クレジットカード
 ・信販系クレジットカード
 ・メーカー系クレジットカード
 ・流通系クレジットカード
 ・石油・オイル系クレジットカード

■国際ブランド別観点
 ・VISA
 ・MasterCard
 ・アメリカン・エキスプレス
 ・JCB
 ・ダイナーズクラブ
これらの観点のうち、やはりまずは年会費無料クレジットカードというのが大きな基準となります。たとえば、年会費無料クレジットカードには次のものがあります:
 ・「出光カードまいどプラス」
 ・「NTTグループカード」
 ・「UFJ VIASOカード」
 ・「NICOS VIASOカード」
 ・「TSUTAYA Wカード」
 ・「Yahoo!JAPANカード」
 ・「ライフカード」
 ・「SBIカード」(レギュラーカード)
 ・「シティクリアカード」
 ・「クオークカード」
 ・「freeBO! USカード」
 ・「KARUWAZAカード」
 ・「クラブドンペンカード」
 ・「さくらJCB LINDA」

年会費無料クレジットカードのなかで、それぞれの目的に合わせ、旅行好きの人は国内海外旅行保険が付帯しているものを、ショッピング、特にネットショッピングなどを頻繁に利用する人はショッピング保険が付帯しているものを選ぶとよいでしょう。

ブラックリストに載るとお金が借りれなくなる?

「ブラックリストに載るとお金が借りれなくなる」という噂があります。

みなさんもご存知かと思いますが、実際にブラックリストという名簿があるわけではありません。それではブラックリストに載るということはどういうことか、消費者金融を例に、もういちどおさらいしましょう。


融資の申し込みがあった場合、消費者金融業者は、個人信用情報機関に照会して、調査をします。

その際に、支払いが滞る「延滞」「事故」(業界用語)が発生していた場合、「異動情報」と呼ばれる特別な情報が記載され、以降、数年間融資が受けられないペナルティが発生します。これがブラックリストの正体です。


本来の支払い予定日から「3ヶ月間支払いが遅れた時点」で延滞扱いとなり、異動情報が個人信用情報期間に登録されます。

延滞後に支払いをしてて完済することを「延滞解消」と言います。「延滞解消」しても延滞後に完済したという事実は1年間記録として残ります。

そして、この事実は5年間参考情報として個人信用情報機関に残るため、延滞解消になっても参考情報が消えない限り延滞と同様に審査は通りません。


ブラックリストに載る(延滞情報が信用機関に掲載)と、どのような事情があっても審査はNGという消費者金融がほとんどです。消費者金融業者は「全情連」と呼ばれる個人信用情報機関に加盟していますが、銀行やクレジットカード会社は別の信用機関を利用しています。

消費者金融が、これらの信用機関の情報を照会することはまずありませんので、銀行やクレジットカードで延滞が起きても消費者金融から借りる場合は関係ありません。しかし逆に消費者金融でブラックに載ってしまうと、クレジットカードや銀行は100%審査が通りません。

旅行保険つきのクレジットカード

入会費・年会費が無料となる「年会費無料クレジットカード」は、クレジットカード選びの大きな決め手でしょう。

その年会費無料クレジットカードにも、年会費がかかるクレジットカード並みの旅行保険がついているものがたくさんあります。旅行好きの人には、カード選びの大きなポイントとなるでしょう。

ただし、この旅行保険ですが、これには2種類あります。利用付帯と自動付帯です。

自動付帯は、そのクレジットカードをもっていれば・・・つまり、そのクレジットカードで旅行代金を支払わなくても保険がついてきてしまう!というお得なもの。一方、利用付帯というのは、文字通り、そのクレジットカードで旅行代金を支払った場合にのみ、保険が適応されるというものです。

たとえば、VIASOカードには、NICOSカード発行のVIASOカードと、UFJカード発行のVIASOカードがあります。いずれも海外旅行保険付帯のクレジットカードですが、NICOSのほうのVIASOカードは、自動付帯、つまりカードの契約者である本人であれば、このクレジットカードで旅行代を支払っていない場合でも、たとえば海外で入院した場合など、保険金が支払われます。一方、UFJのVIASOカードは、利用付帯です。このクレジットカードで旅行代金を支払った場合のみ、万が一の場合に保険が適応されることになります。

どうせそのカードで旅行に行くのだから、自動付帯であろうが利用付帯であろうが関係ない、という人もいるでしょうし、いや、自動付帯のほうがいい、という人もいらっしゃるでしょう。その他の利点も含めて比較して考える必要があります。

クレジットカードの仕組み


そもそもクレジットカードとはなんなのか、またどのような利点、不利益があるのでしょうか? クレジットカードというものをきちんと理解したうえで使いたいものです。

クレジットカードというのは、商品を購入するときの支払い手段のひとつです。カードには、契約者の番号や、そのほかの情報が記載、または記録されたものです。磁気ストライプによるカードと、ICによるカードがあります。

クレジットカードの使用方法は、まずクレジットカードが利用できる加盟店でクレジットカードを提示し、支払うというものです。提示することで、クレジットカード会社がいったん、支払いを肩代わりして支払い、そのあとで決められた期日に、カードの使用者に代金を請求するのです。つまり、クレジットカード会社が、契約者を信用する、つまり「クレジット」するという意味です。

では、カードを紛失したり、盗難に遭った場合はどうなるのでしょうか?

その場合は、ただちにクレジットカード会社に連絡することが大切です。そうすれば、会社が利用を停止する手続きをとりますから、被害を最小限に抑えることが可能です。最近のカードには、あらかじめいろいろな保険機能がついているものがあります。年会費無料のクレジットカードでも、思いのほかそのあたりの保障は充実しているものがありますので、よく調べてから入会することが重要です。

クレジットは現金の持ち合わせがないときや、海外での支払いなどで非常に便利です。

また、年会費が無料のクレジットカードもあり、ますます便利、手軽になりつつあります。ポイントが「お得感」を増しているのも事実でしょう。しかし、その利便性の反面でトラブルも増えています。クレジットカードのことをきちんと理解して使いましょう。

預金保護法について

預金者保護法は、偽造・盗難カードの使用によってこうむった被害を補填することを主な内容として制定された法律です。

クレジットカードを使って支払いができる店が増えたり、年会費無料クレジットカードが広く一般的になるにつれて、学生など収入が安定しない人たちでもクレジットカードを持つことができるようになりました。それは便利にちがいありませんが、それにつれてトラブルも増えています。

クレジットカードを盗難されたり、紛失したりしたときの被害者を救済するための法的な整備も進みつつあります。ただ、対象にならないケースもあるので、年会費無料クレジットカードといえども、よく考えてカードを作成することが大切です。

そのひとつが、預金者保護法なのです。

預金者保護法は、平成17年8月10日に法律第94号として制定された現行法です。偽造・盗難カードの使用によってこうむった被害を補填することを主な内容とします。

預金者保護法、すなわち「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律」は、契約者以外の人、つまり第三者がクレジットカードを用いて、CD(キャッシュディスペンサー)や、現金自動預け払い機から、不正にお金を引き出してしまったときに、民法478条の適用を除外するものです。そうすることで被害の補填を金融機関側に要請します。

対象となるのは、個人の口座について、盗難カードや偽造カードを用いた第三者が、キャッシュディスペンサーや現金自動払い機から不正に現金を引き出した場合です。この不正な出金には、預金残高の払い戻しだけでなく、カードに付帯されたローン契約をもとにしたローン、つまり貸付金も含まれます。カード付帯のローン契約というのは、定期預金を担保としたり、無担保でお金を貸し付けるというものです。

このように個人の口座には預金保護法が適応され、不正な出金は補填されますが、法人の口座は適用外です。また盗難通帳を用いて対面手続きによって引き出されたものについても、預金保護法は適用されず、従来の民法第478号が適応されることになります。

年会費無料クレジットカード

近年、クレジットカードがますます普及し、大きな買い物だけでなく、コンビニでのちょっとしたサンドイッチや牛乳、公共料金の支払い、携帯電話料金など、生活のほとんどすべての支払いをクレジットカードによっているという人も増えてきています。これはやはり、年会費無料クレジットカードの普及がその大きな要因となっているのではないでしょうか?

実際、クレジットカードには入会費用や年会費用がかかるものもあります。たとえば1枚2000円程度の年会費だったとしても、もし5枚、クレジットカードを持っていたとしたらどうでしょう?1年で10000円の年会費になってしまいます。これを考えると、年会費無料クレジットカードはお得ですよね?

でも、この無料という場合も、少し注意して考える必要があります。「無料」には2種類あるからです。まずひとつは、「初年度年会費無料」というものです。これは現在ではほとんどのクレジットカードがこの得点をもうけています。文字通り、申し込みをした最初の年度は年会費が無料となるものです。そして、二つめは、まったくの「無料」、つまり年会費が永年無料というものです。これなら、年会費を知らない間に引き落とされていた!という心配もなく、安心してもっていられます。実際にはさらに、もうひとつ、たとえばその前年度にある程度の利用(一回でもということもあります)をすれば、次年度も年会費がただになるというものです。これも、実質的には永年無料に近いといえるでしょう。

クレジットカードの付帯サービス

現在、クレジットカードがこれほどまでに普及したのには、もちろん、支払いが簡便であるということはもちろんですが、背景には、年会費無料クレジットカードの充実という理由があります。

年会費無料クレジットカードがこれほど普及した現在では、次はいったい何を基準にしてクレジットカードを選んだらいいのでしょうか?

まず考えられる選択のポイントは、付帯サービスとポイントサービスです。

主な付帯サービスには次のものがあります。
●国内・海外の傷害保険
●ショッピング保険
●クレジットカード会員のためのサービスや割り引きサービス
●ドライバーのためのサービス

旅行によく行く人、とくに海外旅行を趣味とする人、仕事で頻繁に出かけるひとなどは、国内・海外への旅行保険が付帯されているといいですよね。一方、あるデパートでよく買い物をする、またはあるホテルによく宿泊する、という人なら、そのデパートでの買い物は5パーセント引きになる、ホテルの宿泊代がお得になる、というサービスが付帯されているものがお得です。ショッピング保険というのは、そのクレジットカードで購入した品物が破損したり盗難に遭ったりした場合に、保障してくれるというものです。また、ドライバーのための付帯サービスは、車をよく運転する人にお勧めです。ガソリン代が値引きになるというものもあります。

三菱東京UFJ-VISA

さまざまな年会費無料クレジットカードがあるなかで、ひとつ、典型的な例として以下のクレジットカード「三菱東京UFJ-VISA」を見てみたいと思います。

●「三菱東京UFJ-VISA」
「三菱東京UFJ-VISA」は、年会費無料クレジットカードです。
・申し込めるのは・・・満20歳以上で安定した収入のある方、または満20歳以上の学生の方です。
・年会費は・・・本人会員は無料、家族会員も無料です。
・利用可能額(ATM)はクレジットカード機能(キャッシング)で・・・三菱UFJニコス(株式会社)が提携する金融機関のATM・CD、コンビニATM、および特定の海外ATM・CD
・クレジットカード利用可能枠(入会時):
 →ショッピング枠・・・10万円〜100万円
 →内キャッシング枠・・・0〜50万円
・実質年率(ショッピングリボ・分割・キャッシング)・・・年14.5パーセント
・保険
→海外旅行保険(利用付帯)・・・障害による死亡・後遺障害 最高500万
→ショッピングセイバー(利用付帯)・・・*年間限度額 100万円
・付帯サービス・・・1.ETCカード無料発行 2.三菱東京UFJポイント
・有効期限・・・5年(ただし、ETCカードは3年)
・保障会社・・・(株式会社)DCキャッシュワン



注意:
●このクレジットカードの場合、年会費は、1.本人会員、2。家族会員ともに無料で、家族カードの利用分も本人カードの利用ポイントと合算されてポイントがたまります。
●ここで、海外旅行保険とショッピングセイバーで「利用付帯」とあるのは、事前に当該代金をICクレジットカードで支払った場合にのみ適用されるというものです。
●また、実質年率も、適用金利は金融情勢の変化などによって、見直しとなる可能性がある、という注がついています。